造血の父「鉄火ミソ」

つぎは鉄火ミソです。

────────────────────────
造血の父「鉄火ミソ」の作り方
────────────────────────

材料:
ごま油(大さじ4)
ごぼう(100グラム)
レンコン(50グラム)
にんじん(40グラム)
八丁味噌(200グラム)
ショウガ(5グラム)

──ステップ1──
材料を超みじん切りにする。

これだけで2時間近くかかりますが
根気よく気持ちを込めて刻みます。

1ミリ以内をめざして、まず極薄に
スライスして、それを細く刻んで、
さらにみじん切りにします。

ショウガは一番最後に入れるので、
酸化防止のため、投入する
直前に刻みます。

──ステップ2──
超弱火でじっくり炒める。

鍋に油を入れ、温めます。

木べらを油につけて接触部分が
泡立つようになると温度的にOKです。

一番陰性なゴボウから
炒め始めます。

数分して油になじめば、レンコンを
入れ、同じように炒めていきます。

にんじんも同じように加えて
炒めていきます。

鍋底が焦げてきたら、それも
優しくこそいでいきます。

焦げが強くなるときは、いったん
火から離し水で冷やした布巾の上に
のせて冷ましながら鍋底の焦げを
こそいでいきます。

焦げがとれたら、また火に戻します。

──ステップ3──
八丁味噌(豆味噌)を入れて、
さらに炒める。

炒めたものを鍋の隅に寄せて、
空いているところに油を入れます。

先ほどと同じように油を温めます。

木べらでチェックして、
泡が出ていれば、火から離して
味噌を入れます。

味噌と油をまぜてなじませます。

その後、炒めている他の材料と
混ぜ合わせます。

火に戻して、ひたすら
炒めていきます。

つねに超弱火です。

木べらで材料を鍋底に押しつける
ようにして、約2時間ぐらい
炒めていきます。

焦げが強くなるときは、火から
離して濡れ布巾の上でこそぎ、
また火に戻します。

最終的に肉そぼろのように
なってきます。

鍋の真ん中を開けて、仕上げの
ショウガを入れ、単独でしばらく
炒めてから他のものと
混ぜ合わせます。

ショウガの香りが豊かに
なってくればできあがりです。

密閉容器に入れて保存します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 170924_AkiLecture
  2. 180406_Spa_01
  3. 180311_debut
  4. 170513_Kannami_01
  5. 180507_MiracleFlower_01_LT

このサイトについて

手作り酵素で自分の家を健康の都にする「京・手作り酵素の会」のサイトです。美と寿命のものさしである酵素(エンザイム)の体内貯蓄を複利で増やしていくアプローチを研究/実践しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る