ハイジとクララの治療法

P1010903.JPG

アルプスの少女ハイジを
ご存じでしょうか。

ヨハンナ・シュピリという
スイス・チューリッヒ出身の
小説家が書いた作品です。

日本ではアニメで有名です。

私も小さい頃、夢中で観ました。

山や高山植物が好きなのも
当時の影響が濃いものと思われます。

アルプスの少女ハイジの
あらすじを15行に要約すると‥‥

孤児のハイジが、自然豊かな
アルプスの山小屋に住む祖父に
預けられて育つ。

8歳になったある日、都会の
お屋敷へ奉公に出される。

家政婦長による心的圧迫や
都会の空気になじめず心が病む。

医者の指示でアルプスに戻され、
ハイジはふたたび元気を取り戻す。

虚弱体質な奉公先の令嬢クララが
ハイジを慕ってアルプスに来る。

ハイジの祖父の献身で滋養をつけた
クララは、ついに車椅子から
一人で立ち上がる。

みんなで、その奇跡を祝福する。

というストーリーです。

小説で約340ページ、
アニメで全52話の筋立てを
少し強引に要約してみました^^

この物語では、

精神疾患(ハイジの)

不治の病(クララの)を克服する
ストーリーが展開します。

ハイジもクララも自然から離れた
都会の環境や人間関係のストレスで
心やカラダが蝕まれます。

ハイジは家政婦長ロッテンマイヤー
からの心的圧力で夢遊病者に。。

クララは昼間からカーテンを閉じられ
ビタミンD欠乏症に。。。

奇跡を起こした主役は、
『太陽』です。

ハイジはアルプスのこがね色の
日光が引き出す新鮮な空気や
甘い花の香りを吸うことで
元気を取り戻します。

180415_SunLight.JPG

燃えるような夕日に照らされる
バラ色の岩に感動した故郷の
アルプスに戻り蘇生します。

180415_Sunset.jpg

クララも太陽のエネルギーによって
不治の病を克服します。

太陽光を浴びてビタミンDを
自力で合成させる点もそうです。

でもそれ以上に重要な役割を
果たしたのが山羊のミルクです。

え? ミルク?
太陽じゃないの?

ミルクの素は、野草です。

野草は太陽の光で合成されます。

「光の塊である野草」を
山羊が咀嚼して発酵、吸収
することでミルクができます。

しかもハイジの祖父は、
格別に栄養価の高いミルクを
飲ませるために質の高い野草を
わざわざ山に摘みにいきます。

180415_Grandpa_LT.jpg
カゴを背負って野草を摘みにいくおじいさん

180415_ChinaPink_LT.jpg
おじいさんがこだわった野草:セキチク

180415_thymus_LT.jpg
おじいさんがこだわった野草:タイム

180415_Goats.jpg
良質な野草をはむ山羊さんたち

180415_Clara.jpg
滋養をつけて立ち上がれたクララ

心とカラダを元気にする
ポイントは2点です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポイント1
自然環境に身をさらす
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

自然環境に身をさらすことで
五感をつかさどる感覚器の機能が
正常化していきます。

ひいてはホルモンの分泌が
正常化していきます。

自律神経も正しく機能する
方向に向かいます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ポイント2
太陽エネルギーを取り入れる
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

植物は太陽の光で光合成をおこない
生物のエネルギーの源である
糖を自分で作り出します。

いわば太陽エネルギーの塊です。

自然界の野草を発酵させたものは
人の代謝力を著しく高めます。

ハイジのおじいさんは、

良質な野草を摘んでくる
 ↓
山羊にはませて発酵させる
 ↓
滋養の高い液体発酵食品の
ミルクとしてクララに与える

というアプローチを取ることで
クララを不治の病から救いました。

これにとって換わるのが
『手作り酵素』です。

手作り酵素の場合は、

良質な野草を摘んでくる
 ↓
自分の常在菌と一緒に発酵させる
 ↓
滋養の高い液体発酵食品として
自分や家族に与える

というアプローチを取ります。

180415_4thday.jpg
良質な野草と自分の常在菌を混ぜる

180415_HeidiDrink.JPG
世界一自分に最適化された滋養ドリンクの完成

しかも野草の中でも「成長点」
という一番、細胞分裂の激しい
先端の部分をつかいます。

春酵素の旬は、いまです。
桜が散って約1ヶ月。

躍動感の高い野草を
滋養の高い液体発酵食品にして
自分や家族の滋養を高めるのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自然環境に身をさらし、
太陽エネルギーを取り入れる。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ハイジとクララの治療法を
一緒に実践してみましょう!

ヨーロッパの食文化は
肉と乳製品。

日本の文化は、
穀物と植物性発酵食品です。

日本の身土不二の究極形態が
手作り酵素なのかもしれません。

ハイジのおじいさんのように
かごを背負って出かけましょう^^

2018年の春酵素・仕込み会
https://goo.gl/eP49ZM

180411_Kannami_01.JPG

180411_Kannami_02.JPG

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 171114_Beets
  2. 170407_Daichi_06
  3. 180818_magnetic_field_LT
  4. 161010_abouthandmadeenzymejuice_01_lt
  5. 161016_leaf
  6. 180507_MiracleFlower_01_LT

このサイトについて

手作り酵素で自分の家を健康の都にする「京・手作り酵素の会」のサイトです。美と寿命のものさしである酵素(エンザイム)の体内貯蓄を複利で増やしていくアプローチを研究/実践しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る