誰が為に『草』は鳴る

190413_hemingway_02_LT
誰が為に鐘は鳴る。

ヘミングウェイの
有名な恋愛小説ですね。

世の中には色んな野草が存在します。

それは、メディカルハーブとか
漢方とか色んな知恵を通して
人々の死を遠ざけています。

ただ…1点重要な問いがあります。

それは…

いつ、だれが摘んだ薬草なのか?

です。

 
───────────────

買ったリンゴでは
真の滋養は得られない。

なぜなら、そのリンゴは
あなたのために実ったのではない。

お金のために実ったリンゴ。

そのリンゴを育てた人は、
お金のために育てただけ。

このような状況下で育ったものに
薬効となる成分は何ひとつ
含まれていない。

一方、愛をもって育てれば、
その植物はその愛をあなたに
与え返してくれる。

ロシアの著名なナチュラリスト談

───────────────

 
物理や化学がカバーしない、
自然界の驚異的な力について
語られた世界ですね。

自分の住んでいる自然に
「無目的」に発芽、生育する
野草たちが存在します。

190413_east_kannami_01_LT

この「意図の純粋性」に満ちた
野草たちに7日間の愛情を込めて
作り上げる春の手作り酵素。

そこには、野草たちが奏でる
独特の音楽があります。

さらに、仕込む人の常在菌たちと
織りなす協奏曲が流れ始めます。

無目的に育った植物の成長点を
愛情かけて発酵させる。

その植物はその愛をあなたに
与え返してくれるでしょう。

自然界にこれ以上の薬効を持った
植物は存在するでしょうか?

1904123_harukoso_LT

冒頭にあげた重要な問い

「いつ、だれが摘んだ薬草なのか?」

この究極の理想は、

『いま、自分が摘んだ野草』

ではないでしょうか。

その野草を一週間、
自分の常在菌とともに
愛情込めて乳酸発酵させる。

これが春の手作り酵素の本質です。

大阪での仕込み会も
追加決定しました。

ふるってご参加ください。

あなたとの共演を
楽しみにしています。

────────────────
死を遠ざける雫──
手作り酵素の仕込み会
────────────────

今日も好き日をお過ごしください。

いつもありがとうございます。

京・手作り酵素の会

190413_south_hakone_LT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 171104_ BrilliantEnzyme
  2. 170924_AkiLecture
  3. 160725_TekkaMiso_01
  4. 170407_Daichi_06

このサイトについて

手作り酵素で自分の家を健康の都にする「京・手作り酵素の会」のサイトです。美と寿命のものさしである酵素(エンザイム)の体内貯蓄を複利で増やしていくアプローチを研究/実践しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る